DC扇風機とAC扇風機の電気代比較

DC扇風機とAC扇風機の電気代比較

DC扇風機とAC扇風機の電気代比較です。

 

DC扇風機は電気代が安いというのは有名です。ですがAC扇風機も安いと言われますよね。特にエアコンの温度を上げ扇風機を併用すれば、楽に30%以上の電気代節約になります・・・と電力会社のCMで頻繁に流されています。

 

これはもちろん本当のことですが、その際使用する扇風機はDC?AC?

 

それにDC扇風機の電気料金が安いのは知っているが、具体的にどの程度安いのか?

 

今回はこういった疑問にお答えします。

 

 

実際の電気代比較

 

それではまずDC扇風機とAC扇風機の電気代がどれだけ違うか?具体的な数字を出してお話します。

 

まず比較する機種ですが、AC扇風機代表は最も売れている扇風機「山善YLT-AK30」。

 

対するDC扇風機は、同じく山善の「YHCX-BD30」です。

 

この2機種は共に2013年発売、30cmX5枚羽根、本体サイズもほぼ同じです。
*正確にはYHCX-BD30のほうが一回り大きいです。

 

山善YLT-AK30

山善YHCX-BD30

 

この上記に機種で比較しますが、まず電気代を比較するには、消費電力と本体価格を比較しなければなりません。

 

YLT-AK30(ACモーター)=約2500円 最大消費電力48W

 

YHCX-BD30(DCモーター)=約10000円 最大消費電力26W

 

正確性を期すなら、何Hzか?なども考えなくてはなりませんが、今回は全て最も分かりやすい、誰にでもイメージしやすい具体的な数字でご説明します。ですので、多少の誤差は出ますが、「そのぐらいの差なんだ」という目安はハッキリわかると思います。

 

では比較です。

 

単純に価格的には、ほぼ4倍です。この差を電気代で埋められるか?というのもありますが、DCとACの扇風機では、基本機能が全く違うので、一概に電気代だけでは考えられません。 AC扇風機には超微風もありませんし、この価格帯だとリモコンすらないでしょう。ですので機能面も考慮して比較してください。

 

次に電気代ですが、AC扇風機(上記YLT-AK30)の場合、現在の電気代で計算しますと、1時間辺りおよそ1円と考えてください。地域にもよりますが、強運転で1H=1.1円ぐらいです(弱なら0.8円ほど)。

 

AC扇風機はこの通リ強風でも弱風でも電気代はそれほど変りません。

 

 

そしてDC扇風機(YHCX-BD30)ですと、1時間あたり0.6円となります。さらにDC扇風機は風量にとって大きく消費電力が変わります。例えば微風で使った場合ですと、1Hあたり0.07円といったところです。

 

夏場、エアコンと併用する場合、主に使うのは微風、そして時間的には10時間以上になることは確実です。

 

そう考えると、仮に1日12時間稼働として、AC扇風機は11円〜12円。

 

DC扇風機だと3円以下です。

 

電気代で見ると、およそ4倍ぐらい違いますね。これはくしくも本体代金と同じ倍率になります。

 

 

これからの日本の電気事情

 

DC扇風機の電気代

 

先ほど書いたように単純に電気代で4分の1、ただし本体代金は4倍。
でも多くの便利な機能がつく分、お得といえるのではないでしょうか?

 

ですが現実を見て考えるなら、注目すべきはそんなところではありません。

 

最近ガソリン価格の高騰が大きなニュースになっています。漁師さんが廃業の危機なのは有名ですが、今は農家の方々まで配送のガソリン代が高く、廃業の危機だと訴えています。

 

現在この地球にある石油の残り埋蔵量が判明していて、今の使いかたが続くと30年を待たず石油が枯渇すると言われています。

 

そしてその途中では石油価格の大暴騰が間違いなく起こるはずです。この日本では現在円安が進行しており、それでなくても輸入品価格は急上昇を続けています。さらに現在の我が国では原発が停止状態です。

 

風力や水力発電なんて、国単位で考えれば髪の毛1本ほどの効果もありませんので、現実には近い将来必ず原発が稼働することになるでしょう。

 

どんなに嫌がっても、生まれたばかりの赤ん坊や、電子機器を取り外すことの出来ないお年寄りは多いのです。こういった人たちを見殺しには出来ないい以上、原子力は使われることになるでしょう。

 

ですが石油の分を原子力ですべて埋めることは出来ません。車のガソリンなどもあるので、原子力を使う使わないに関わらず、必ず石油は高騰し電気代も跳ね上がる事になります。

 

 

1時間1円だった扇風機の電気代が、こういう時代になったらいくらになるでしょうか?

 

どちらにせよ、省エネと言うのは「早くやったもの勝ち」になるゲームです。

 

1日でも早く切り替えることが、このゲームの必勝法です。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ DC扇風機の電気代 扇風機の価格の差は何の差? DCモーターとは?