DC扇風機の価格の差は何の差?

DC扇風機の価格差 高いものと安いものの差は何?

DC扇風機といえば、AC式の旧型より高価な物が多いですよね。

 

ですが同じDC扇風機でも、方や30000円以上、方や7〜8000円と大きな価格差が存在します。

 

基本的に見ると、日本を代表する大手家電メーカー(東芝、日立、シャープ、パナソニック)のDC扇風機は、15000円〜20000円前後、いわゆるジェネリック家電メーカーのものですと、8000円前後から15000円以内というのが、格安通販サイトの相場だと思います。

 

ではこの意外に大きな価格差はどこから生まれるのでしょうか?

 

 

価格の違いは、静音性、微風、信頼性、そしてアフターケア

 

まずDC扇風機ですので、格安メーカーだろうが一流メーカーだろうが、電気代に大差はありません。

 

それからサイズ的な差も少なく、同グレードなら羽根のサイズも高さもさして変わらないでしょう。

 

 

ですが大きく違うのは性能では静音性と、微風のコントロール。 信頼性に関しては、不良品(不良箇所)の割合や、購入後のアフターケアの差ですね。

 

 

性能面の差

 

価格が及ぼす性能面の差とは、まず静音性が一番大きいでしょう。

 

今の日本人がDC扇風機に求めているのは、「完全に静寂に包まれた寝室での無音運転」です。

 

日本人というのはそういうものですよね。 就寝時に首振りのカチッという微音なんて、とても許せませんし、モーターの音や、微風時の風切音(プロペラ音)も、一切容認するつもりはないでしょう。

 

こういう方は言葉はいりません。 日本が誇る大手家電メーカーのDC扇風機をお選びください。 しかも出来ればハイエンドユーザー用の高級モデルがベストです。

 

 

そして微風の存在。 実際にDC扇風機を購入された方の口コミを見ていると、これが最も気に入ったという人が多いです。

 

微風と一言で言うと「ただの弱い風」と思うかもしれません。 ですが高級機の微風とは、エアコンと併用することで驚きの価値を生みます。

 

例えばエアコンの設定温度が29度や30度と言った、非常に弱い設定温度でも微風を併用することで、十分涼しさを感じられます。 そして何より驚くのが、この微風だと就寝時につけっぱなしにしておいても、風邪を引いたり、喉が痛くなるなんてことは皆無です。

 

なので赤ちゃんやお年寄りにも最適で、体が冷えすぎないという凄い能力を持っているのです。

 

この就寝時の微風があるから、扇風機に2万円出しても全く高いと感じないのです。

 

DC扇風機 価格

 

ところが同じDC扇風機でも、いわゆるジェネリック家電メーカーのものですと、残念ながらそうは行きません。

 

まず基本の静音性は良いのですが、少し使うと首振りでカタカタ言い出し、微風でもモーター音が気になるようになる。 そもそも微風といっても、大手家電メーカーのそれとは違い、ただの超弱い弱風の用な感じ。 これは使ってみると、かなり大きな差を感じます。

 

またやはり信頼性に大きな差があると言わざるを得ません。

 

格安家電メーカー製は、どうしても販売後に細々した不満が多く出るものです。 これは口コミなどからも、はっきりした傾向がありますので、過去にさかのぼって読んでみるとよくわかります。

 

最近は一応マシにはなりましたが、それでも大手と比べるとその差は歴然。 まだまだ改善には時間がかかりそうです。

 

なお、大手家電メーカーのDC扇風機、ジェネリック家電メーカーのDC扇風機、共にTOPページにおすすめランキングを載せていますので、ぜひそちらを御覧ください。

 

こちらから=DC扇風機 人気ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ DC扇風機の電気代 扇風機の価格の差は何の差? DCモーターとは?