DC扇風機静音性について

DC扇風機の静音性について

DC扇風機の静音性についてお話します。

 

DC扇風機の静音性というと、通常は「なぜDCモーターは静かなのか?」についての説明になると思いますが、それはどのメーカーのHPにも解説が出ているので、このサイトではやめておきます。

 

それより扇風機全般から見て、機種の違いでどの程度静音性が違うか?を具体的に解説しようと思います。

 

まず私が一番思う扇風機のうるささとは、モーターの回る音ではなく、羽根が風を切る音です。

 

DC扇風機が静かというのは、扇風機が風を切る音がしないほど、低速で羽根を回せるからです。

 

モーターの構造がどうこうなど、専門的にはいろいろあると思いますが、実際に使ってみて感じる一番の違いは「風切音の静かさ」です。

 

 

最新型と従来型の静音性の差

 

では最新のDC扇風機と従来型の扇風機だと、どのくらい音に差があるかご説明します。

 

これも最も差が出る部分は、羽根が風を切る音の違い、そして首振り時の機械音です。

 

 

まず風を切る音ですが、従来型の音は皆さんご存知だと思います。

 

まず強運転だと「ブーン」とかなり強めの音が出るはずです。ですがそれも仕方ありません。昔は扇風機に静音性なんて誰も求めていなかったからです。

 

そして中でも弱でもやはり「ブーン」という音はしますよね。さらに首振り時も「グーッ」と歯車が回転しているような重い音がするものから、カクッ、カクッと、引っ掛かりオンを出すものなどイロイロです。

 

では最新のDC扇風機(ここでは日本の大手家電メーカー製が対象)ではそうなのか?

 

まず風切音は強や中ではそれなりにします。ただすごい音はしませんし、従来のものに比べるとはるかに静かです。

 

そして特筆すべきは弱以下の静音性、そして首振り音で、この2つに関しては、ほぼ無音と言えます。

 

この弱運転プラス首振りというのは、就寝時に長時間使割れる、最も稼働時間の長い設定ですので、ここに力を入れてくれるとありがたいですね。

 

私も就寝時は、真夏でもエアコンを29度に設定、DC扇風機は微風モードで首振り設定ですが、この時聞こえるのは扇風機の音ではなく、エアコンの風の音だけです。

 

今思い出すと、昔は扇風機の強の首振り(エアコン無し)で寝ていましたが、強にすると扇風機がブレる音がして、さらに首振りで爆音になっていました(笑)。

 

子供の頃は窓も開けていましたので、別に扇風機の音なんて気にもなりませんでしたが、今はそうは行きません。

 

8月にエアコン無しは無理ですし、うるさい扇風機も論外です。

 

扇風機 静音

 

なぜDC扇風機は静かなのか

 

そしてなぜDC扇風機が静かなのか?ですが、私が感じたのはモーター以外の部分です。

 

先ほど書いたようにモーターの音なんて我慢できるレベルで、我慢できない音なのは風を切る音です。

 

最新のDC扇風機の場合、モーターが静かなのもありますが、それ以上に羽根の形状が徹底した静音設計になっていることがあげられるでしょう。

 

おそらくこここそが最も昔と違う部分だと私は思います。

 

DC扇風機だから静か、というより、最新の扇風機はデザインも、羽の数も昔とは全然違います。

 

ですので現在の大手メーカー体されているような高級扇風機は、パッケージとしての静音性が素晴らしいのだと思います。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ DC扇風機の電気代 扇風機の価格の差は何の差? DCモーターとは?